「蒼穹の昴」が宝塚で開幕 トップ彩風咲奈、豪華な舞台でのびやかに

有料記事宝塚歌劇団

河合真美江
[PR]

 志がつまった豪華な舞台だ。浅田次郎のベストセラーをミュージカルにした宝塚歌劇団雪組公演「蒼穹(そうきゅう)の昴(すばる)」が10月1日、宝塚大劇場兵庫県宝塚市)で開幕した。落日の中国・清朝を駆け抜ける改革派の俊英をトップスター彩風咲奈(あやかぜ・さきな)がのびやかに演じ、胸躍る歴史大作になっている。

 ドラマにもなった人気作品は講談社文庫4巻の長編。歴史上の人物も多い。宝塚歌劇の1本物とはいえ、フィナーレを含めて2時間半。どう凝縮した舞台になるのだろうかと、原作ファンとしても期待がふくらんだ。

 物語は見どころをおさえてわかりやすく、メッセージがストレートに伝わってくる。脚本・演出は原田諒(りょう)が手がけた。

ニュースレター【月刊タカラヅカPlus】

タカラヅカをもっと近くに。スターのインタビューやOGの活躍をメールでお届けします。

 19世紀末の清朝。地主の次…

この記事は有料記事です。残り1525文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。