JR大阪駅にヒョウ現る 迫力ある立体映像 行き交う人も釘付け

白井伸洋
【動画】大阪駅にヒョウ現る 3D立体広告=白井伸洋撮影
[PR]

 大阪市北区のJR大阪駅で、コンコースにある大型ビジョンに立体映像のヒョウが登場した。3メートルほどのヒョウが画面から飛び出してあたりを見回すかのような映像に、行き交う人々もスマホで撮影しながら、驚きの声を上げていた。

 「JR西日本コミュニケーションズ」などが制作し、9月28日から映像を流し始めた。平面の画面に映し出した場合の実際の見え方などを検証したり、ビジョン自体の存在を知ってもらったりする狙いがある。

 同社によると、2日までは約3分に1度、ヒョウが登場する。3日以降は、不定期の予定。(白井伸洋)