今年2度目のクーデター 政権握った元中佐、逆に大尉に追放される

遠藤雄司
[PR]

 アフリカ西部ブルキナファソで9月30日、今年2度目のクーデターが起きた。

 ロイター通信などによると、軍の一部が国営テレビの放送を通じ、軍事政権の指導者ダミバ氏を追放したと発表。クーデターを主導する陸軍のトラオレ大尉は、現政府の解散、憲法の停止、国境の閉鎖を実施するとした。夜間外出禁止令も発令したという。

 追放されたダミバ氏も、陸軍中佐だった1月にクーデターで実権を握ったばかり。この時、ダミバ氏はクーデターの理由として治安状況の悪化などを挙げた。

 今回、トラオレ氏も決起の理由に、ダミバ政権が国内のイスラム過激派を抑え込めず治安が悪化していることなどを挙げたという。ダミバ氏の所在は明らかになっていない。遠藤雄司