【写真まとめ】 さようなら「燃える闘魂」アントニオ猪木さん

[PR]

 「燃える闘魂」で人気だったアントニオ猪木さんが、10月1日、心不全のため79歳で死去しました。

 プロレスラー、参議院議員として国際交流などの分野で長年活躍しました。

 1976年6月には、「世紀の決戦」としてプロボクシング世界王者のモハメド・アリさんと異種格闘技戦で対戦して引き分けたことも。

 右手を突き上げる勝利の決めポーズ「1、2、3、ダーッ」、張り手で気合を入れる「闘魂注入ビンタ」、大声を出す「元気ですかーっ」などのパフォーマンスで知られました。歩みを写真で振り返ります。