悠仁さま、お一人で伊勢神宮に参拝 「生きる正倉院」も見学

 秋篠宮ご夫妻の長男悠仁(ひさひと)さまが1日、三重県伊勢市伊勢神宮に参拝した。宮内庁によると、今回は私的な訪問で、お一人での参拝は初めて。

 悠仁さまはスーツ姿で1日午後、伊勢神宮の外宮と内宮にそれぞれ参拝。その後、市内の神宮美術館を訪れ、伊勢神宮の神宝と、正倉院宝物の精巧な模造品が展示された特別展「生きる正倉院―伊勢神宮と正倉院が紡ぐもの―」(11月9日まで)を見学した。

 神宮司庁の関係者らの案内で展示品を一つひとつ見て回り、伊勢神宮の神宝の琴について、「(弦は)切れないものですか」「製造年はいつですか」と質問した。神宝と正倉院宝物との共通点、違いについて特に関心を示したという。

 外宮から内宮へ移動するときには、沿道の人々に会釈する様子もみられた。

 宮内庁によると、悠仁さまは2013年3月に秋篠宮ご夫妻、次女佳子さまと一緒に伊勢神宮に参拝している。