暑い秋の北海道 オホーツク各地で10月初の真夏日 フェーン現象も

神村正史
[PR]

 1日の北海道内は、各地で気温が上がり、オホーツク海側を中心とする9地点で、10月としては観測史上初の真夏日となった。30・4度を記録した大空町女満別の網走湖・女満別湖畔では、湖に入って遊ぶ子どもの声が響き、北見工業大学ヨット部員の練習する姿が見られた。

 札幌管区気象台によると、真夏日となったのは北見市常呂町(31・4度)、湧別町(30・6度)、斜里町(30・5度)など。夏日も120地点で観測された。北海道上空1500メートル付近に南から真夏並みの15度前後の空気が流れ込み、高気圧にも覆われたためで、特にオホーツク海側では南西の山越え風によるフェーン現象も加わった。

 道内で最も遅い真夏日の観測はこれまで2007年9月21日(北見市常呂町、32・5度)だった。10月の道内の最高気温はこれまで28・2度(21年10月4日、北斗市)だったが、3度以上上回って更新された。

 2日からの向こう1週間の気温は、期間のはじめは平年並か平年より高い。その後は平年並か平年より低く、かなり低い日もある見通しという。(神村正史)