女性が感じる体の「モヤモヤ」、バービーさんらトーク HTBまつり

長谷川潤
[PR]

 女性の体の悩みを共有しよう――。そんなトークショーが1日、札幌市で開催中の「HTBまつり」であった。生理や更年期による体調不良について、参加者が語り合った。

 HTB北海道テレビ放送の情報番組「イチオシ!!」で小さなモヤモヤの解決をめざすコーナー「みんなの!もやズバッ」の派生企画。北海道栗山町出身のタレントバービーさん、お笑いコンビ「オクラホマ」の藤尾仁志さん、朝日新聞経済部の細見るい記者、HTBの森さやかアナウンサーが登壇した。

 「生理中の腰の痛みと不機嫌さを男性は理解してくれない」。視聴者から寄せられた声に藤尾さんは「ちゃんと理解していないから『生理前だから』と押しつけられている感じがしてしまう」と打ち明けた。

 バービーさんは、生理中もパートナーと一緒に入浴すると告白。「ショッキングな話かもしれないけれど、相手もこれは大変だぞと思うみたい」と話した。

 細見記者は、女性が快適に暮らすための「フェムテック」と呼ばれる商品や研究の最新事情を紹介。海外では、妊娠中の母親と胎児の心拍や陣痛の記録から破水時期を予測する技術開発が進み、タクシーが迎えにくるサービスへの期待もあることを紹介すると会場から驚きの声が上がった。

 率直に意見を交換し、藤尾さんは「こういった話をすることが相手を知ることにつながると思った」、バービーさんは「話すことで相手への押しつけになってはいけない。説明して、行動を起こして、でも自分の体は自分で管理する責任はちゃんと負いたいと思いました」と話した。HTBまつりは2日まで開催される。

 「HTBまつり」は札幌市中央区の「さっぽろ創世スクエア」を会場に、2日まで番組出演者らによるトークショーや体験イベントなど様々な企画が用意されている。入場無料。 昨年、一昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンライン配信などが中心だった。会場での本格開催は3年ぶりとなる。(長谷川潤)