猪木さんモデルの仁王像、力道山が眠る寺に 「門番になれて本望」

伊藤恵里奈
[PR]

 東京都大田区の池上本門寺。日蓮宗の大本山である同寺の本殿には、アントニオ猪木さんがモデルになった仁王像がある。筋骨隆々で躍動感にあふれている。彫刻家の円鍔(えんつば)勝三さん(1905~2003)が、1970年代後半に完成させた。

 同寺の学芸員安藤昌就さん(55)は、「円鍔さんは今までにない新しい仁王像を作ろうとしていた。猪木さんの筋肉の付き方やスタイルを参考にしようと、モデルをお願いしたそうです」と説明する。

 同寺には力道山の墓がある。猪木さんは「師匠が眠るお寺の門番になれるなら本望です」と快諾。円鍔さんのアトリエを訪れ、色々なポーズをとって写真におさまったという。

 力道山の墓参りに訪れていた川崎市の高橋良友さん(66)は「猪木さん死去のニュースは驚きました。猪木さんやジャイアント馬場らが活躍した時代を知っているので寂しい」と語った。(伊藤恵里奈)