思い出した亡き妻への「約束」 川沿いの土手全部にヒガンバナを

有料記事

野崎健太
[PR]

 刈り取り前の稲穂が揺れる田んぼに沿って続く土手が、約500メートルにわたって朱色に染まっている。

 鹿児島県伊佐市の川沿いに咲き誇るヒガンバナ。近くに住む上田(かんだ)篤さん(91)が14年前からたった一人で育てている。

 コメやネギはつくってきたが、「花なんて興味なかった」という上田さんがヒガンバナにのめり込んだのは、長年連れ添った妻の死がきっかけだった。

 上田さんが語る、妻・咲子さんとのなれそめは、ちょっと普通ではない。

 1965(昭和40)年のことだ。別の女性との間で進んでいた縁談を一方的に断られた。

初対面で「あんたをもらいに来た」

 「あんたのような男と結婚する女はいない」と相手に言われ、「今日のうちに嫁をもらうぞ!」と啖呵(たんか)を切ったその帰り道、農協の知り合いのところに寄り、やけ酒を飲んだ。

 そのとき知り合いが紹介してくれたのが、咲子さんだった。

 酔った勢いもあって、さっそく家を訪ねると、かっぽう着姿の快活な女性が「何か、用かね?」と出てきた。

 「あんたをもらいに来た」。そう伝えると、断ることもなく、「夕方、改めて来て」。

 夕方、酔いを覚まして背広姿…

この記事は有料記事です。残り1315文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。