スッポンで闘魂「逆注入」した飲食店主 猪木氏の死を悼む

有料記事

三浦淳
[PR]

 1日に亡くなったアントニオ猪木さんは、約15年前から大阪市福島区の飲食店「手料理 右近」を訪れていた。店主の岩本張男さん(55)によると、猪木さんは笑顔でギャグを言って周りを楽しませ、「みんなに元気を与え、自分自身もパワーをもらっているようだった」という。

 猪木さんから「いろんな人からもらうけど、自分で食べるおせちは君のところのだよ」と言われ、年末によく、おせち料理を贈っていた。油性ペンで「闘魂」と書いた器を送り返してもらったこともあるという。

 昨年9月には、病気療養中だ…

この記事は有料記事です。残り205文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。