元寇船の木製いかり、時を超え浮上 長崎沖 CF参加者も見守る

有料記事

編集委員・中村俊介
[PR]

 元寇(げんこう)の舞台として知られる長崎県の鷹島沖で、地元の松浦市は1日、13世紀の日本に侵攻したモンゴル軍船の木製いかりを引き揚げた。

 鷹島沖では鎌倉時代、集結したモンゴル軍船の多くが暴風を受けて沈み、その一部が確認されている。

 いかりの残存部分は1・7メートルほど。空気の浮力を利用して約20メートルの海底から浮上させ、クレーンで地上に引き揚げた。

 歴史的な沈没船の部材が、保…

この記事は有料記事です。残り197文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。