阿含・桐山杯、平田七段が優勝 名人を破り「棋士になってよかった」

有料記事

大出公二
[PR]

 囲碁の第29期阿含・桐山杯の決勝が1日、京都市山科区で打たれ、平田智也七段(28)が井山裕太名人(33)に278手までで白番1目半勝ちし、一般棋戦初優勝を遂げた。井山は大会史上最多の通算6期目のタイトル獲得はならなかった。

 平田は2015年に21歳で…

この記事は有料記事です。残り176文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。