ノルドストリームのガス漏れの首謀者は? 欧米とロシアが非難の応酬

有料記事ウクライナ情勢

遠田寛生、野島淳、星井麻紀、宋光祐
[PR]

 ロシアと欧州をつなぐ天然ガスの海底パイプライン「ノルドストリーム」が欧州北部のバルト海でガス漏れを起こしたことをめぐり、欧米とロシアが非難の応酬を繰り広げている。米国のバイデン大統領は9月30日の演説でロシアを批判。ロシア側は国連安全保障理事会で米国の関与を疑わせる発言をして、「国際テロ」の可能性を主張している。

 バイデン米大統領は9月30…

この記事は有料記事です。残り613文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    服部倫卓
    (北海道大学教授=ロシア・東欧)
    2022年10月3日6時53分 投稿
    【視点】

    確かに、ロシアが巨額の投資を行い、経済的利益が得られる可能性のあるプロジェクトを自ら破棄するのは、普通に考えれば理屈が合わないのだが、ロシアはもうすでに経済的合理性では理解できない国になっている。 破壊工作がロシアによるものだった場合に、