ウクライナで戦争犯罪を記録する人権団体に「もう一つのノーベル賞」

有料記事ウクライナ情勢

ロンドン=金成隆一
[PR]

 平和・人権分野で「もう一つのノーベル賞」と呼ばれるスウェーデンのライト・ライブリフッド賞の運営団体は9月29日、ウクライナ人権擁護などに努めてきたとして、ウクライナ人のオレクサンドラ・マトイチュクさん(38)と、マトイチュクさんが率いる人権団体「市民自由センター(CCL)」を今年の受賞者に選んだと発表した。

 賞の運営団体は、マトイチュクさんらについて「戦争犯罪や人権侵害を記録する彼らの活動は、ロシアによるウクライナ侵攻以来、ますます重要性を増している」と指摘。「戦争犯罪などの責任を追及するための国際的な努力の一翼を担っている。極端に厳しい状況下で、現場の犠牲者に焦点を当て続け、民主主義の強化に貢献している」とたたえた。

 運営団体によると、CCLは…

この記事は有料記事です。残り217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。