見なかった仲間の試合、感じた応援力 中川圭太が語るオリックス連覇

有料記事オリックス・バファローズ

構成 編集委員・稲崎航一
[PR]

 オリックス・バファローズがパ・リーグ2連覇を果たした。入団4年目、時には3番打者として勝負強い打撃をみせた中川圭太内野手(26)が、朝日新聞に喜びを語ってくれた。

 本当に充実したシーズンでした。ケガで棒に振った昨年の今ごろを考えると、全く想像もつかない。優勝争いの中で自分が試合に出られて、幸せなことだと思います。

 昨年のセパ交流戦ごろから左手首に痛みがあった。6月末に左手有鉤骨(ゆうこうこつ)鉤骨折で手術を受け、リハビリ。8月末ごろに実戦復帰したけど、打撃の感覚は全く戻りませんでした。戻ったのは今年3月ぐらい。だいぶかかりましたね。

 秋のリーグ優勝、クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズと進むチームの中で、自分は何もできなかった。

 昨年はCSも日本シリーズも…

この記事は有料記事です。残り991文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。