「スイッチ入ると暴力的に」 インドネシアで日本人選手が抱いた恐怖

有料記事

堀之内健史
[PR]

 インドネシアのプロサッカーリーグの試合後に、125人が死亡する事件が起きた。

 同国で2020年まで、プロサッカー選手として9年間プレーした、静岡県三島市の松永祥兵さん(33)は「サポーター同士の衝突で死者が出ることがよくあった。スイッチが入ると暴力的になり怖かった」と話す。

 事件は、試合結果に腹を立てたサポーターが、グラウンドになだれ込んだことがきっかけだったとされる。

 「またか」

 暴動を伝えるネットニュースを見て、松永さんは思ったという。

 日本やドイツでプレーした後…

この記事は有料記事です。残り635文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    平尾剛
    (スポーツ教育学者・元ラグビー日本代表)
    2022年10月3日8時43分 投稿
    【視点】

    目を覆いたくなるような痛ましい事件が起きた。125人もの死者が出た現場は想像を絶する。たかだかスポーツの試合で、贔屓チームが違うだけで互いに憎み合い、死者まで出すのは明らかに常軌を逸している。群衆心理の恐ろしさをまざまざと見せつけられた気が