松本元死刑囚の遺骨、いまも国が保管 引き渡しを求めて次女が提訴

有料記事

[PR]

 オウム真理教元代表の松本智津夫麻原彰晃)元死刑囚の遺骨と遺髪をめぐり、元死刑囚の次女が、国に引き渡しを求めて東京地裁に提訴した。最高裁で所有権が次女に確定したことに基づく請求で、提訴は2日付。次女の代理人が3日、明らかにした。

 松本元死刑囚は2018年7月の死刑執行直前に、遺骨などの引き取り先として「四女」を指定したとされる。一方、次女側は「(元死刑囚の)精神状態からすれば、特定の人を引き取り人に指定することはあり得ない」と反発した。

 四女側の審判申し立てに対し、東京家裁は「確定的な意思表示だったとみるのは困難」で、面会の申し込みを繰り返していた次女側との関係が「最も親和的」と判断。所有権は次女にあるとし、昨年7月に最高裁で確定した。

公安当局が注視 次女側は「一切関係ない」

 公安当局は、遺骨などが後継団体の信者の信仰対象になる可能性があるとみて、状況を注視。「遺骨を粉にして海に散骨する」という意向を示してきた四女側ではなく次女側が受け取ることについて、公安関係者には不透明さが増すと懸念する見方もある。

 今回の提訴について、次女の代理人は、次女は00年に教団から離れて以降は一切の関わりを断って暮らしてきたと主張する。

 次女は代理人を通じ、「父の遺骨を政治的にも宗教的にも利用されたくない。娘としてただ静かに悼み弔いたいと願っている」とコメントした。

 法務省は「現時点では訴状の送達を受けておらず、コメントは差し控える」としている。

国が出した引き渡しの条件とは

 複数の関係者によると、国と…

この記事は有料記事です。残り282文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。