細田衆院議長の説明「不十分」74% 旧統一教会 朝日世論調査

有料記事

[PR]

 朝日新聞社が1、2の両日に実施した全国世論調査(電話)で、細田博之衆院議長が、旧統一教会の関連団体の会合に出席してあいさつしたことなどを認めるコメントを発表したことについて質問したところ、細田氏の説明が「十分ではない」は74%で、「十分だ」は12%にとどまった。

〈調査方法〉 コンピューターで無作為に電話番号を作成し、固定電話と携帯電話に調査員が電話をかけるRDD方式で、1、2の両日に全国の有権者を対象に調査した。固定は有権者がいると判明した1015世帯から548人(回答率54%)、携帯は有権者につながった2140件のうち900人(同42%)、計1448人の有効回答を得た。

 細田氏の説明については、自…

この記事は有料記事です。残り514文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年10月3日8時10分 投稿
    【視点】

    臨時国会がきょう召集されます。国会は憲法に「国権の最高機関」と書かれています。国民の代表が集まって議論して政策を仕上げるという、民主主義システムにとって最も重要な場です。それだけに、すべての国民を代表する立場となる衆参両院の議長は高潔で公正