若田さんが宇宙で使う歯磨き剤は飲んでも安全 開発に込めた父の遺言

有料記事

末崎毅
[PR]

 ベンチャー企業が開発した歯磨き剤が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に国際宇宙ステーション(ISS)の搭載品に選ばれた。6日未明に宇宙に飛び立った宇宙飛行士若田光一さんが使う予定だ。

 歯磨き剤には息子として、そして父親としての思いもこもっている。

 搭載品に選ばれたのはバイオテクノロジーのベンチャー企業「トライフ」(横浜市中区)が開発した「オーラルピース」。

 ウメ果実エキスなどの天然原料でできていて化学合成成分を使っていないため、のみ込んでも安全という。乳酸菌由来の抗菌成分が配合されているため歯磨き剤として使えるほか、口の中に塗れば保湿もできる口腔(こうくう)ケア製品だ。

開発したベンチャー代表の父が闘病中に起きたこと

 開発のきっかけは、トライフの手島大輔代表の父親が末期がんになったことだった。

 闘病中、口腔カンジダ症に悩…

この記事は有料記事です。残り1053文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。