ウクライナの穀物輸出、意外にも順調 ロシアの妨害目立たず

有料記事ウクライナ情勢

チョルノモルスク=国末憲人
[PR]

 国連やトルコの仲介で8月に再開されたウクライナからの穀物輸出が、ことのほか順調だ。懸念されたロシア側の妨害は小規模にとどまり、港には活気が戻りつつある。食糧危機への懸念は薄らぎ、ウクライナ経済の回復につながるのでは、との期待も出ている。(チョルノモルスク=国末憲人

 黒海に面したウクライナ南部のオデーサは、ロシア帝国時代から交易で栄え、その富を背景に文化都市として発展、詩人プーシキンらが活躍した。その郊外の貿易拠点、チョルノモルスク港の検問所前で男性2人が地べたに座り、昼間から缶ビールを飲んでいる。船への穀物積み込みを待つトラックの運転手らだ。

 「前回は5日待った。今回は今日で4日目。戦争前は待ってもせいぜい2日だったが」。地元出身のウラジーミルさん(57)がぼやく。「着いた時には船がいたのに、積み込む前に出て行っちゃった」と、中部キロボフラードから来たバディムさん(47)。

 この港は、穀物輸出の再開に伴ってオデーサ周辺で開港した3港の一つ。8月19日に開港するや否や、待ち構えていた国内各地のトラックが、輸出用の小麦やトウモロコシ、ヒマワリの種を載せて殺到した。積み込みが間に合わず、港周辺ではトラックの大行列がとぐろを巻く。

 その最後尾近くでは、ガスコンロで鶏の唐揚げを用意しつつ、5人の男がウォッカで宴会中。中南部ザポリージャから5台連ねて来た。「200台待つうちの165番目だ」とアレクサンドルさん(39)。「言葉を交わしたからには、飲まずには帰さないぞ。明日の朝まで一緒にやるか」

 国土の7割を農地が占め、「…

この記事は有料記事です。残り1323文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    佐藤優
    (作家・元外務省主任分析官)
    2022年10月4日19時27分 投稿
    【提案】

     9月30日の演説で、ロシアのプーチン大統領は、「ウクライナから小麦を輸出しています。世界の最貧国の食料安全保障を確保するという口実ですが、どこに向かっているのでしょうか。どこへ行くのでしょうか? すべてはヨーロッパの国々へです。そこでは5

  • commentatorHeader
    服部倫卓
    (北海道大学教授=ロシア・東欧)
    2022年10月5日8時55分 投稿
    【視点】

    ウクライナの農作物を積載した貨物船の行き先は、ウクライナ・インフラ省の発表により明らかになっている。 8、9月の2ヵ月で、ウクライナのチョルノモルシク、オデーサ、ピウデンヌィの3港から、241隻を送り出した。 241隻の目的地別内訳は、