「地域づくりの力に」 社会教育士、北海道に全国初の団体

有料記事

中野龍三
[PR]

 2年前に新しくできた国認定の称号「社会教育士」は、市民の「学び」を手助けし、地域づくりを支援する専門家だ。まだ人数は少ないが、このほど北海道内の社会教育士らによる団体ができた。都道府県単位の団体は全国初という。メンバーが連携して活動の幅を広げ、スキルアップを図るのがねらいだ。

 北海道社会教育士会は6月に発足。社会教育士の称号を持つ道内の大学教員や自治体職員、ボランティア団体会員ら18人で立ち上げた。会長には、北海学園大経済学部の内田和浩教授(地域社会学・社会教育学)が就いた。

 社会教育士に期待される立場は、「地域づくりの担い手」(内田教授)だ。

 介護や子育て、防災や商店街…

この記事は有料記事です。残り830文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。