マイナンバーカード申請7千万件を突破、ペース速まる 総務相が公表

中島嘉克
[PR]

 寺田稔総務相は4日、マイナンバーカードの申請件数が2日時点で7千万件を超えたと明らかにした。人口に対する割合は55%。政府はカード取得者らに最大2万円分のポイントを付与する「マイナポイント第2弾」のカード申請期限を当初の9月末から今年末までに延長しており、さらなる上積みをめざす。

 寺田氏はカードの申請件数について、今年末までに運転免許証の保有者数と同規模の約8100万人を達成したいとも述べた。

 申請が6千万件を超えたのは7月半ばで、3カ月足らずで約1千万件上積みした。5千万件から6千万件には1年以上かかっており、申請のペースは速まっている。

 政府は来年3月末までに「ほぼ全国民」にカードを行き渡らせることを目標に掲げている。申請後、実際にカードが配られた交付率は今月2日時点で49%となっている。(中島嘉克)