角川会長が辞任発表 贈賄罪での起訴を受け 東京五輪めぐる汚職事件

有料記事

[PR]

 東京五輪パラリンピックをめぐる汚職事件で、出版大手「KADOKAWA」会長の角川歴彦(つぐひこ)容疑者(79)は、4日に贈賄罪で起訴されたことを受け、会長職を辞任すると発表した。

 角川会長は弁護団を通じてコメントを発表した。「会長職を辞することとした」と明らかにしたうえで、「私だけでなくKADOKAWAの社員2人が逮捕・起訴されたという事態は大変重いと受け止め、責任を取る必要があると考えた」と説明。「今回の事件はKADOKAWAにとって大変な試練であり、これを乗り越えていくには新体制で臨む必要がある」と続けた。

 一方で「私自身は、汚職に関与したことなど一切ない」と強調。「刑事裁判では真相を解明し、私が無実であることを明らかにしていきたい。そのことに全力を尽くす所存だ」とコメントを締めくくった。

 東京地検特捜部は9月14日に角川会長を逮捕し、勾留期限の4日に起訴した。

 起訴状によると、角川会長は部下2人と共謀し、大会組織委員会の元理事・高橋治之容疑者(78)=受託収賄罪で起訴、再逮捕=に対し、大会スポンサーに選定するとともに、協賛金を3億8千万円以内に抑えてほしいなどと依頼。そのうえで、2019年9月~21年1月に計約6900万円の賄賂を送金したとされる。

 角川会長は1993年、KADOKAWAの前身の「角川書店」社長に就任し、2005年から会長を務めていた。

映画や不動産で「会長案件」、今後のKADOKAWAは

 社内で絶大な力があったという角川会長の辞任はどんな影響をもたらすのか。

 KADOKAWA幹部による…

この記事は有料記事です。残り492文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。