「アバター」続編の映像お披露目、「絶対にスクリーンで見るべき」

有料記事

細見卓司
[PR]

 世界歴代最高の興行収入を記録したジェームズ・キャメロン監督の映画アバター」(2009年)の続編「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」が12月16日に公開されるのに合わせ、プロデューサーのジョン・ランドー氏が4日、東京都内で続編の映像を披露するプレゼンテーションを行った。ランドー氏は「(アバターの)世界に入っていけるような経験ができると思う」と語った。

 「アバター」は貴重な鉱物資源を秘めた星パンドラが舞台。先住民のナヴィの内偵を命じられた元海兵隊員のジェイクが、ナヴィそっくりの分身「アバター」を遠隔操作して集落へ。族長の娘ネイティリと恋に落ちるが、ナヴィを排除しようとする軍隊に反旗を翻し、壮大な戦いに身を投じる。

 続編では、家庭を築き、子どもたちと平和に暮らすジェイクとネイティリに再び脅威が襲いかかる。森を追われたジェイクの家族は、未知なる「海の部族」へ身を寄せるが、この海辺の楽園にも侵略の手が迫る、というストーリーだ。

 この日、3Dメガネをかけた…

この記事は有料記事です。残り368文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。