「同性結婚なんて気持ち悪い」投稿した自民・愛知県議、関係者に謝罪

有料記事

佐藤瑞季 小林圭
[PR]

 同性婚に関するSNS上の投稿に「同性結婚なんて気持ち悪いことは大反対!」とコメントを書き込んだとして、愛知県の渡辺昇県議(53)=名古屋市緑区自民党=が4日、関係者に謝罪した。渡辺氏は記者団の取材に「勉強不足で、軽率に投稿してしまった」と述べた。

 渡辺氏による謝罪は、ジェンダー平等を求める市民団体「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」の井田奈穂事務局長(47)が県議会を訪れ、渡辺氏に抗議文を手渡した際に行われた。

 井田さんによると、井田さんは9月27日、キューバで同性婚の是非を問う国民投票が実施され、賛成が過半数だったことを報じた記事を引用し、フェイスブックに投稿。この投稿に渡辺氏が「キューバはキューバです。同性結婚なんて気持ち悪いことは大反対!」とコメントしたという。コメントは既に削除されている。

 井田さんは4日、性的マイノ…

この記事は有料記事です。残り236文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]