小田急百貨店新宿店が営業再開 「苦渋の決断」でアパレルは販売せず

益田暢子
[PR]

 東京・新宿の小田急百貨店新宿店が新宿駅近くの商業施設に移転し、4日、新装オープンした。売り場面積は縮小し、コロナ禍でも売り上げが好調な化粧品や食品、高級ブランドを中心に販売する。

 移転後の新宿店は、商業施設「新宿西口ハルク」の地下2階から地上2階(中2階を含む)と7階の計6フロアで展開する。

 地下2階は食品、同1階は化粧品と和洋菓子売り場を併設し、1階には高級ブランドをそろえた。婦人服や紳士服などアパレルの取り扱いはやめた。林幸一新宿店長は「苦渋の決断。限られた面積ではお客様に満足していただく展開はできない」と話した。(益田暢子)