自民・世耕氏「岸田政権の1年、ぎっこんばったんした」

岸田政権自民

[PR]

自民党世耕弘成・参院幹事長(発言録)

 (4日に発足1年を迎えた岸田文雄政権の評価を問われ)政権運営っていうのは、私も官房副長官として官邸の中に長くいた経験からいって、やっぱり1年ぐらいは1回経験しないと、(自民)党との間合いの取り方とか霞ケ関との関係構築の仕方とか、年間を通したいろんなスケジュールの組み方とか、なかなか習熟してこないという面がある。

 私は第1次安倍政権首相補佐官として官邸におりましたけれども、やっぱり第1次安倍政権のときはいろいろと不慣れで、不手際なこともたくさんあったと思う。第2次安倍政権になって、今度は官房副長官だけれども、1回1年通しで経験をしているということが、非常にいろんな意味で大きなプラスになった。

 岸田政権については1年目、(政権運営全般で)いろいろ「ぎっこんばったん」もあったと思う。そんななかでよくここまでやってこられたというふうに思っているが、ここからは少し習熟した政権として、2年目の安定した政権運営というものについて期待をしたいと思っている。(記者会見で)