遠のく改革開放の時代、歴史の教訓に背を向ける中国 習氏長期政権へ

有料記事中国共産党大会2022

北京=林望
[PR]

 中国共産党習近平(シーチンピン)総書記が10月の党大会を経て、前任者たちの慣例を破り、3期目に入ることがほぼ確実になった。異例の長期政権は中国に何をもたらすのか。

 「政治局常務委員会の会議で、習近平氏がほかのメンバーを2時間待たせたことがあったらしい」

 国営メディアの元記者は声を潜めながら、かつての同僚から聞いた話としてこう話した。7人いる常務委員のなかで、習氏の権威がいかに突出しているかを示すエピソードとしてだ。

鄧小平時代は

 政治局常務委員は、1億人に…

この記事は有料記事です。残り1147文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    安田峰俊
    (ルポライター)
    2022年10月5日11時25分 投稿
    【視点】

    まったくの私見ですが、現在の習近平政権の姿をもとに、短期的なスパンのみで中国を考えると将来の予測を誤るかもしれないと感じています。 習近平政権の成立前、たった10年ほど前には、中国の体制の将来的な民主化について、党や政府の上層部でも検