最長飛距離の北朝鮮ミサイル、「火星12」の改良型? 専門家の分析

有料記事

牧野愛博
[PR]

 北朝鮮が4日に発射した中距離弾道ミサイルは5年ぶりに日本上空を通過し、約4600キロ飛行した。日韓政府などの分析が終わるまで詳細は不明だが、射程だけをみれば主にグアムの米軍基地を狙うとされる「火星12」(射程約5千キロ)か、その改良型の可能性がある。

 火星12は2017年9月にも日本上空を通過している。北朝鮮が17年3月に開発に成功した新型の液体燃料を使う「白頭山エンジン」1基を搭載した単段型ミサイルで、搭載重量は約1トンとみられている。

 搭載を狙うのは、核兵器だ。北朝鮮は2013年2月に行った第3回の核実験の時から核兵器の小型化、軽量化を唱えている。

 韓国国防研究院で北朝鮮の軍…

この記事は有料記事です。残り946文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。