藤井聡太棋聖、就位式 ダブル千日手の敗戦を糧に「プランク」開始

有料記事

北野新太
[PR]

 将棋の第93期棋聖戦産経新聞社主催)で3連覇を達成した藤井聡太棋聖(20)=竜王・王位・叡王・王将と合わせ五冠=の就位式が4日、東京都港区で開催された。就位状や賞杯を授与された藤井棋聖は「今後も自分の課題と向き合い、実力を高められるよう精進していきたいと思います」と語った。

 6、7月の五番勝負では研究パートナーである永瀬拓矢王座(30)と初めてタイトル戦で激突。第1局は永瀬王座が好む千日手に2度も持ち込まれる持久戦になり、挑戦者の先勝。第2局も王座の優勢となったが、棋聖が終盤の妙手順で逆転した。タイに戻した後の第3、4局で連勝して防衛を果たした。

 ファン待望のカードで防衛し…

この記事は有料記事です。残り292文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。