自民党、霊感商法の被害者救済で初会合 年内に政府提言へ

有料記事自民

上地一姫
[PR]

 自民党は4日、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」をめぐって明るみに出た高額献金などの問題について、被害者救済などを検討する会合を初めて開いた。相談体制の充実や今後の被害防止に向けて、法改正も含めた提言を年内にまとめ、政府に申し入れる。

 開かれたのは、自民の消費者問題調査会のもとに新設された「霊感・悪徳商法等の被害救済に関する小委員会」。船田元・調査会長が「高額寄付の問題、2世3世のさまざまな問題を受け止め、被害を救済するところに我々は手を尽くさなければならない」と対策の必要性を強調した。

 自民は教団との関係断絶を宣言しており、その姿勢をアピールする狙いもあるとみられる。

若宮氏「宗教2世らの救済を模索したい」

 小委には約30人が参加。消…

この記事は有料記事です。残り667文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]