「現金など返還します」 金正男氏の遺族にマレーシア警察が呼びかけ

有料記事

シンガポール=西村宏治
[PR]

 北朝鮮金正恩(キムジョンウン)総書記の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が2017年にマレーシアで殺害された事件に関連し、マレーシアの警察が今月4日、遺品返還のために正男氏の遺族を捜していると発表した。正男氏は殺害された際、現金約12万ドル(約1800万円)などを所持していた。6カ月以内に申し出がなければ、遺品はマレーシアの国庫に入れられるという。

 正男氏の親族をめぐっては事件翌月の17年3月、自由朝鮮を名乗る団体が息子のハンソル氏の動画を公開。マカオに住んでいたハンソル氏ら正男氏の家族3人を「安全のために移動させた」と説明した。だが、その後の動向は明らかになっていない。

 裁判記録などによると、正男…

この記事は有料記事です。残り364文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。