英語版「妖怪図鑑」に注文殺到、9千万円集まる 絵師は福井の米国人

有料記事

乗京真知
[PR]

 日本の妖怪のイラストを400種あまり描き、英語の解説を付けて世界に発信している米国人絵師がいる。

 日本に移住して15年になるマット・マイヤーさん(39)。イラストの書籍化を待ち望む世界中のファンから約9千万円相当の支援金が集まり、この夏に4冊目の「妖怪図鑑」を出した。

 人気のわけを探るため、福井市にあるマイヤーさんのアトリエを訪ねた。福井駅から車で10分ほどの住宅街。黒壁の古民家の玄関に「マイヤー」の表札が見えた。

 呼び鈴を鳴らすと、眼鏡をかけたマイヤーさんが「ようこそ」と引き戸を開けてくれた。1階の廊下には図鑑が入った段ボールが積んであった。世界各地からの注文に応えるための在庫だという。

 2階には10畳ほどの和室のアトリエがあり、棚には民話や浮世絵の書籍が並んでいた。

 マイヤーさんのTシャツの胸元には、コロナ禍で有名になった妖怪「アマビエ」がプリントされていた。マスクには大きな口を開けた提灯(ちょうちん)のお化けが。マイヤーさんの口の動きに連動して、お化けが英語混じりの滑らかな日本語を発しているようだった。

ブログの閲覧数、月200万

 妖怪づくしのアトリエで、図鑑を広げながら質問した。

 ――妖怪に着目したきっかけは何ですか?

 昔から「ファミコン」やアニ…

この記事は有料記事です。残り3310文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。