アインシュタインを破った3氏 ノーベル物理学賞、量子力学を開花

有料記事

聞き手・小宮山亮磨
[PR]

 スウェーデン王立科学アカデミーは4日、今年のノーベル物理学賞を、フランスのアラン・アスペ氏(75)と米国のジョン・クラウザー氏(79)、オーストリアのアントン・ツァイリンガー氏(77)の3氏に贈ると発表した。

 米カリフォルニア大バークリー校教授の村山斉さん(素粒子物理学)の話

 量子力学の世界では不思議なことが起きる。だからアインシュタインは量子力学を嫌っていた。不思議なんだけど、それが本当に起きるんだということを示したのが、ノーベル物理学賞が決まった3人だ。

 原子から、たとえば同じ「ス…

この記事は有料記事です。残り563文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。