細田議長に「このままでいいのか」 国会の火種、自民からも不安の声

有料記事岸田政権自民立憲共産

上地一姫 阿部彰芳 桑原紀彦、東郷隆
[PR]

統一教会との関わり 焦点に

 臨時国会は5日から岸田文雄首相の所信表明演説に対する代表質問が始まる。焦点となるのは、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」と政治の関わりの問題だ。「国民の声を正面から受け止める」とする首相が、どこまで具体的に実態解明に取り組むのか。論戦初日の答弁は首相の「本気度」を測る試金石となる。

 首相が所信表明演説に臨んだ3日の衆院本会議。教団の問題について、首相が「説明責任を果たしながら、信頼回復のために取り組みを進めていく」と述べると、野党席から「議長の説明責任は!」と、行司役である細田博之衆院議長に向けた異例のヤジが飛んだ。

 衆院本会議後、数十人の記者やカメラマンに囲まれた細田氏は「記者会見をする予定はないのですか」とただされ、「なるべく早く出しますよ」などと述べて国会を後にした。

細田氏は文書1枚 自民中堅からも不安

 細田氏はこれまで教団関連団…

この記事は有料記事です。残り2712文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    江川紹子
    (ジャーナリスト・神奈川大学特任教授)
    2022年10月5日11時6分 投稿
    【視点】

     旧統一教会の政治への浸透ぶりが明らかになってきただけでなく、それぞれの政治家の人間性、政治家としての資質が浮き彫りとなっている。  衆院議長に就任する際に慣例に従って党派を離脱していたことを理由に、自民党は細田氏を「点検」の対象としなか

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年10月5日8時15分 投稿
    【視点】

    議長が記者会見してはいけないというルールも慣例もありません。私が国会担当をしていたときも、自民党出身の衆院議長が記者会見して政権の国会対応に苦言を呈するといったことがありました。国会の議長は全国民を代表して行政府にモノを言わなければならない

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]