「プーチン、戦争、動員と戦う」 反政権ナワリヌイ氏盟友が闘争再開

有料記事ウクライナ情勢

[PR]

 ロシアの野党指導者ナワリヌイ氏の盟友が4日、「プーチン(ロシア大統領)、戦争、動員と闘う」と、中核組織「ナワリヌイ本部」の活動再開をSNSなどで宣言した。ナワリヌイ氏はプーチン政権による弾圧で投獄され、支援組織も活動停止に追い込まれた。だが、ウクライナ侵攻の苦戦や部分的な動員の実施でロシア社会に動揺が広がっており、活動再開の好機と判断したとみられる。

 ナワリヌイ本部のサイトには、すでにボランティアの募集フォームがつくられた。「どこにいて、何ができるかは重要でない。情報の拡散やビラの作成、政府サイトや徴兵事務所業務の妨害ができる」と参加を呼びかけた。

 ロシア国内でのネットワーク再構築を急ぐ考えだが、安全には気を配る。国内の協力希望者には匿名での参加を認めるほか、以前のスタッフでも参加を希望しない人には接触を控えるという。

ノーベル平和賞の有力候補

 メールアドレスについてもロ…

この記事は有料記事です。残り543文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。