電気自動車のF1、24年春に日本初開催 東京・ビッグサイト周辺で

有料記事

笠原真
[PR]

 電気自動車(EV)のF1と言われる「フォーミュラE」が2024年春、日本初開催として東京都内ビッグサイト周辺で開かれる。大会誘致を表明していた都が、運営団体「フォーミュラEオペレーションズ」(本部・ロンドン)と開催協定を締結した。

 温室効果ガスの排出削減をめざす都は、新車販売される乗用車を30年までに、また二輪車は35年までに100%非ガソリン車にする目標を掲げる。フォーミュラEの開催を通じて、ゼロエミッション車(ZEV)の普及を進めたい考えだ。

 EVには、排ガスが出ず、エンジン音もない特徴がある。大会は東京ビッグサイト江東区)周辺の公道を使い、1周3キロほどのコースを設定。速度は200~300キロ出るといい、協定では、安全確保に都が協力する内容などが含まれた。1万~2万人分の観客席の設置も検討する。

 4日の締結式で小池百合子知…

この記事は有料記事です。残り190文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。