「旧統一教会の反社会性、認識していたか」 問われた山際氏の答弁は

有料記事岸田政権

[PR]

 立憲民主党西村智奈美代表代行は5日の衆院本会議の代表質問で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との接点が次々と明らかになっている山際大志郎経済再生相に「旧統一教会の反社会性を認識していますか」と問いただした。山際氏は反省を口にしたが、今後関係を絶つと述べるにとどめた。

 西村氏は、教団の関係団体が開いた海外の会合に複数回参加していたことを認めた山際氏について「記者会見で『行った記憶はあるが、会議出席は覚えていない』など、到底理解しがたい回答を繰り返した」と指摘。野党議員のヤジなどで議場がざわつく中、「海外でまで団体の会合に出席しているのはなぜですか」と問うた。

 答弁に立った山際氏は「悪質商法や悪質な寄付といった社会的な問題が指摘されていることや、被害を受けている方が多数いらっしゃるという認識が不足していた。イベントに出席することで、いわば団体にお墨付きを与えてしまうようになったことを真摯(しんし)に反省している」と述べた。このほかは「今後は当該団体とは一切関係を持たないよう慎重に行動してまいります」と述べるにとどめた。

 与党側から拍手が上がるなか…

この記事は有料記事です。残り150文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]