8千万円の横領や詐欺で「信頼を失わせた」 元弁護士に実刑判決

松浦祥子
[PR]

 後見人として管理する預金を使い込むなど計約8千万円を着服するなどしたとして、業務上横領と詐欺の罪に問われた大阪弁護士会の元弁護士、古賀大樹被告(43)の判決公判が5日、大阪地裁であった。湯川亮裁判官は「被害は非常に高額で、弁護士や後見人制度に対する信頼を失わせた」として、懲役4年6カ月(求刑懲役6年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、古賀被告は2017~21年、後見人として管理していた銀行口座から預金を引き出したほか、刑事弁護の依頼人に対して「被害弁済金として積み立てる」とだまして金を振り込ませるなどし、6人から計約8千万円の横領や詐欺行為をした。

 古賀被告は今年8月、大阪弁護士会から懲戒処分で最も重い除名とされた。調査に対しては、大阪・北新地のキャバクラで使ったなどと説明したという。(松浦祥子)