大先輩の衰えぬ闘志に学ぶ 昭和の名棋士・有吉道夫九段を悼む

有料記事

[PR]

杉本昌隆八段の棋道愛楽

 9月27日、昭和の名棋士・有吉道夫九段が逝去されました。87歳でした。

 A級在籍通算21期。棋聖タイトル獲得1回、一般棋戦優勝8回。関西を代表する棋士の一人です。師匠の大山康晴十五世名人とはタイトル戦で4度激突。特に1969年の名人戦7番勝負は第7局までもつれ込み今も語りぐさです。2001年には史上6人目の通算1千勝を達成しました。

 その実績は輝かしいものですが、やはり若手に交じって最後まで戦われた姿が印象に残っています。

 順位戦で有吉九段と同じクラ…

この記事は有料記事です。残り681文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント