オイシックスのシダックスTOBで新局面 成立の可能性高まる?

有料記事

山下裕志
[PR]

 給食事業を手がけるシダックスをめぐり、同社の株式公開買い付け(TOB)をしているオイシックス・ラ・大地は5日、給食事業の将来の協業先を他社も含めて考えていくことでシダックスと合意する見通しだと発表した。実現すれば、TOB成立の可能性が高まる。

 協業先がオイシックスに実質的に限定されるとのシダックスの懸念に対処した。オイシックスによると、7日をめどに合意する見通しで、協業先を検討するための特別委員会も設置するという。これに伴い、5日までだったTOB期間を20日までに再延長した。

 オイシックスは8月末にTO…

この記事は有料記事です。残り361文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。