警視庁の腕章盗んだ疑い 偽議員バッジで外務省侵入容疑者を再逮捕へ

[PR]

 警視庁の捜査部門が入る建物に侵入して捜査員用の腕章を盗んだとして、同庁は、東京都品川区の無職、藤本叶人容疑者(22)=別の建造物侵入容疑で逮捕=を窃盗と建造物侵入の疑いで6日に再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、藤本容疑者は今年5~7月、東京都千代田区の警視庁丸の内庁舎に侵入し、捜査員が事件現場などで着用する腕章2枚を更衣室から盗んだ疑いがある。

 同庁舎には当時、窃盗事件の捜査を担当する捜査3課や指名手配の業務を担う捜査共助課などの捜査部門の部屋があり、1階には来客対応の受付があった。同庁は、藤本容疑者が受付を素通りして庁舎内に入ったとみている。

 藤本容疑者は偽の国会議員バッジを付けて厚生労働省などが入る庁舎や外務省に侵入したとして逮捕されていた。同庁が藤本容疑者の自宅などを家宅捜索した際に腕章が見つかり、入手経路を調べていた。