ミャンマー国軍トップを「招待しない」 ASEAN首脳会議の議長国

ヤンゴン=福山亜希
[PR]

 東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国のカンボジアは4日、プノンペンで11月に開かれる首脳会議に、ミャンマー国軍のミンアウンフライン最高司令官を招待しないと明らかにした。クーデターで実権を握って市民の弾圧を続ける国軍はASEANの会議への参加を拒まれ続けている。

 カンボジア外務国際協力省の報道官が現地メディアの取材に答えた。政治家ではなく、官僚らの派遣を求めたという。

 ミンアウンフライン氏は昨年4月、インドネシアで開かれたミャンマー情勢が議題の同首脳会議に出席し、暴力の停止などの5項目に合意したが、履行していない。

 今年7月にはASEAN諸国の反対を押し切って、民主派の市民4人の死刑を執行。8月のASEAN外相会議では一部の国から、ミャンマーの加盟国としての資格の停止などの制裁案も出されていた。(ヤンゴン=福山亜希)