1分で100人前完売の漬けマグロ丼 コロナの逆境はね返した冷食

有料記事

藤原伸雄
[PR]

 甘酸っぱいシャリと、ほどよく柔らかいマグロの切り身が口のなかで絡み合う――。

 赤酢をまぶしたふわふわのご飯の上に、しょうゆを漬け込んだ上質な本マグロの切り身が乗った丼は、東京・四谷のすし店「後楽寿司 やす秀」の2代目、綿貫安秀(やすみつ)さん自信の逸品だ。

 実はこの「漬けマグロ丼」、特許登録された冷凍食品だ。コロナ禍でもがき続けた末に、独自の製法にたどり着いた。今や、ネットで注文を受け付けると、わずか1分で50セット100人前が売り切れる大ヒット商品になった。

 「後楽寿司」は1969年創…

この記事は有料記事です。残り1135文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。