立憲・泉氏「山際氏更迭しないのか」 首相「説明尽くす必要ある」

有料記事

[PR]

衆院本会議で5日始まった代表質問で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政治の関わりの問題や安倍晋三元首相の国葬、物価高対策などについての質疑が行われた。主なやりとりは以下の通り。

 【旧統一教会】

 立憲民主党泉健太代表 旧統一教会の最高指導者と面会をし、判明したら弁明を繰り返す閣僚がいる。山際(大志郎)大臣を更迭しないのか。

 岸田文雄首相 これまでの反省に立って、今後は一切関係を持たないと述べている。理解を得られていないのであれば、引き続き自らの責任において丁寧に説明を尽くす必要がある。

 立憲・西村智奈美代表代行 政党などの内部調査のみでは、政治と旧統一教会の関係把握には限界がある。第三者により強制力をもった調査を行うべきだ。

 首相 新たな接点が判明した場合には速やかに報告説明するとともに、未来に向かって当該団体と関係を持たないことを徹底することが大切。

 【国葬】

 泉氏 私が首相なら、超党派でルールを決定する場を国会に設置する。

 首相 今後のルールを決定する場を国会に設置すべきかは、国会でお決めいただかなければならない。

 自民党上川陽子幹事長代理 何らかのルールを設けるべきだ。

 首相 首相経験者の国葬儀の実施については、国会との関係など、どのような手順を経るべきなのか、一定のルールを設けることを目指す。

 西村氏 7月の安倍晋三元首相の「家族葬」に陸上自衛隊の儀仗(ぎじょう)隊が参列した。戦後、首相経験者の家族葬に儀仗隊が参列したのは初めてで、前例がない。私的な行事への自衛隊参加を誰がどのように決定したのか。

 首相 安倍氏の家族葬での儀…

この記事は有料記事です。残り796文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。