「1回目は実力。2回目は発想力」 2度のノーベル賞、親友が語る

有料記事

[PR]

 スウェーデン王立科学アカデミーは5日、今年のノーベル化学賞を、米国のキャロライン・ベルトッツィ氏とバリー・シャープレス氏、デンマークのモーテン・メルダル氏の3人に贈ると発表した。

 「クリックケミストリーと生体直交化学の開発」という業績。シャープレス氏は2001年に続き、2度目の化学賞受賞となる。

 中部大の山本尚教授(ペプチド合成)の話

 バリー・シャープレス氏とは45年来の親友です。彼は最初のノーベル賞の業績のあとで、プロジェクトをがらっと変えちゃったんです。ようやくそれが実を結んだという形です。

 プロジェクトががらっと変わった時に、何をすればいいのか、うまく考えて新しいフィールドを作り出すというのがものすごく大事なんですが、彼はそれに成功した。

 プロジェクトをがらっと変え…

この記事は有料記事です。残り238文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。