「施錠、傾斜、パニック」大統領が指摘 サッカー暴動の死者131人

有料記事

マラン=半田尚子
[PR]

 インドネシアのプロサッカーの試合後に起きた暴動の死者数が、131人となった。ジョコ大統領は5日、死者が増えた原因として「出口の施錠」「階段の傾斜」「パニック」を挙げた。

 国家警察の報道官は5日、現地メディアの取材に死者数が131人に上ったとした。敗戦に怒って暴れるサポーターに対して警察が催涙ガスを使ったことで、混乱が拡大した可能性が指摘される。

 大統領府によると、ジョコ氏は5日、事件現場となった東ジャワ州マランのスタジアムと負傷者がいる病院を訪問。今回の事件の問題点は、スタジアムからの出口の扉が施錠されていたこと▽スタンドから出口に続く階段の傾斜が急であったこと▽スタジアムがパニック状態だったこと、だと指摘した。

全容解明「1カ月以内」

 政府はプロスポーツ関係者や…

この記事は有料記事です。残り267文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。