日韓首脳が午後に電話協議 韓国側発表 対北朝鮮で連携確認か

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 韓国大統領府は5日、岸田文雄首相と尹錫悦(ユンソンニョル)大統領が6日午後に電話協議をすると発表した。北朝鮮が4日に日本上空を通過する中距離弾道ミサイル発射したことを受け、米国を含めた安全保障協力などについて協議するとみられる。

 日本政府によると、北朝鮮が4日に撃ったミサイルは過去最長の約4600キロ飛行した。日米韓は北朝鮮が今後、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射や、2017年以来の核実験に踏み切る可能性もあるとみて警戒する。

 日韓の両首脳は電話協議で、北朝鮮の軍事的な挑発に日米韓で連携して対応していく方針を確認するとみられる。

 一方、「戦後最悪」とも言われる日韓関係の最大の懸案となっている徴用工問題については、解決のめどが立っておらず、踏み込んだやりとりは行われないとみられる。(ソウル=鈴木拓也)