「ここからが本番だという気持ちで」 偉業達成、大谷翔平の一問一答

有料記事

[PR]

 20世紀以降の大リーグでは初となる、同じ年に規定投球回数と規定打席数の両方をクリアしたエンゼルスの大谷翔平。試合後の報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――右手のマメは試合前からか。

 「できてはいましたけど、一回に皮がむけて、という感じです」

 ――今季の活躍で印象に残っているのは。

 「印象に残っているもの……。ほとんど、前のことは忘れてしまいました」

 ――規定投球回へのこだわりは。

 「本来、こだわりはないけど、やってみないとわからない。本当に、一つずつやっていくことで、その規定に二つが乗るかどうか。自分が目指すべき数字なのかどうかは、やってみないとわからないので。それがわかったのはよかったのかなと思います」

 ――今年の春先に昨年の成績が基準になると言っていた。成績は思ったものを残せたか。

 「個人的には、全体的によか…

この記事は有料記事です。残り3016文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。