小さな容器にぬくもり、うめき声… 税関職員が気付くも半数は衰弱死

有料記事

御船紗子、大山稜
【動画】密輸目前に発見された小型サル。民芸品に入れられていた=警視庁、東京税関羽田税関支署提供
[PR]

 販売目的で小型のサルを密輸したとして、元ペットショップ経営の町野義彦容疑者(48)が感染症予防法違反容疑などで警視庁などに逮捕された。捜査関係者によると、21匹のサルはそれぞれ巾着袋に入れられた上で、おわん型の民芸品(直径約13センチ)を重ね合わせて球状にした容器7個に3匹ずつ詰め込まれてタイから運ばれた。羽田空港の税関職員が容器にぬくもりを感じ、かすかなうめき声に気付いて発見。すでに1匹が死んでいて、さらに10匹が動物検疫所に運ばれた後に息絶えたという。

 動物を劣悪な状態で密輸するケースは過去にもあった。2018年にあったコツメカワウソの密輸事件では、キャリーケースに入れられた状態で運搬され、発見された5匹のうち4匹が衰弱死した。ある捜査関係者は「生き残った個体をペットとして高値で販売することで利益を出せると考えたのでは」と推測する。

野生動物のペット化、そもそも……

 こうした野生動物のペット化を助長しているのがSNSだとの見方もある。

 世界自然保護基金(WWF)…

この記事は有料記事です。残り671文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。